【男性向け】マッチングアプリの写真でモテるコツ(プロフィール設定編)

プロフィールに設定する写真は顔が写っている写真以外にも食べ物や趣味などの写真を織り交ぜて配置することも重要です。

相手の女性にこの人はスポーツが好きで美味しいレストランをたくさん知っているんだろうなと思わせることもプロフィールの写真だけで想像させることができます。

それに設定している写真がプロフィールの文章など最も影響を与えることができるとの分析があり、あなたが今マッチングしない原因はプロフィールに設定する写真が影響している可能性も大きいです。

この記事ではプロフィールに設定すべき写真について紹介します。

27歳都内サラリーマン。24歳まで彼女なし=年齢に危機感を抱き、マッチングアプリにのめり込む。3年で300人の女性と出会い、現在はモデルの彼女と交際中。

適度な枚数の写真を正しい順番でプロフィールに配置することが重要

プロフィールに設置できる写真の枚数はアプリで制限されていると思いますが、多すぎても少なすぎても良くないです。

また、自分が顔が写っている写真だけを配置しなくても大丈夫です。

料理の写真や趣味の写真を混ぜるのもかなり効果的です。

必要な種類の写真を適度な枚数で正しい順番で組み合わせて配置することで

いいねをたくさんもらえるプロフィールを作成することが可能です。

写真を配置する際に注意するポイント

写真の種類→顔が写っている写真を2,3枚そのほか料理、趣味の写真を配置

プロフィールに配置する写真でまず最低限必要なのは顔が写っている写真です。

顔写真なしのプロフィールでもいいねをたくさんもらえて女性とマッチング後会うことはできるでしょうが、やはり会った時との差が大きくなるので、最低限顔写真は必要です。

じゃあ、顔が写っている写真をたくさん配置した方がいいというわけでもありません。

私含め多くの方が顔に自信がない方が多いと思われます。

イケメンじゃない写真をたくさん配置しているとそれそれできついです。

イケメンでなくても清潔感のあるマッチングアプリ用に撮影した写真を2,3枚配置するだけで十分です。

顔が写っている写真以外に何が必要かというと料理の写真や趣味の写真です。

料理、趣味の写真もなんでもいいわけではない

料理についてですが、吉野家の牛丼をプロフィール写真に設置していてもマイナスになるだけです。

載せるべき料理の写真はおしゃれなパスタや、流行りのスイーツなどです。

イタリアンなどの写真が無難かと思われます。

趣味についてはやはりスポーツをしている写真がベストです。

オタクな趣味の写真を載せるのも自分と同じ感性を持った女性を見つける点ではいいかと思いますが、まずは女性からいいねをもらうことが優先なので、なるべくオタクな趣味の写真を配置するのは控えましょう。

料理と趣味については特に相手に自分のイメージを思わせるポイントになります。

料理はおしゃれなイメージを出しつつ趣味ではスポーツ好きなどアクティブを思わせるような写真を配置しておきましょう。

写真の枚数→10前後を配置

各マッチングアプリによっては多くの写真をプロフィールに設置ができると思う。

ただし、写真が多すぎても少なすぎても良くはありません。

普通は10枚程度が無難かと思われますが、その中で20枚30枚設置していると浮いているように思われる可能性もあります。

また少なすぎると相手に自分のことを想像してもらえないので、10枚前後がベストかと思われます。

写真の順番→必ず最初に自分のベストな顔が写っている写真を配置

一番最初の写真は特に重要になります。

男性女性両方ともに相手を探す際に一覧表示して相手を探している方も多いと思います。

その際に写真も表示されますが、一番初めの写真しか表示されません。

そのため必ず初めの写真は自分のベストな写真を配置するようにしましょう。

それから2枚目以降についても基本的に顔写真は2,3枚載せて配置しておきたいので、1,2,3枚目は自分の顔が写っている写真を配置し、4枚目以降に食べ物の写真などを配置しましょう。

配置している写真とプロフィール文章を連動させる

写真に料理、趣味などの写真を掲載した場合はプロフィール文章にも文字として取り入れましょう。

例えば、写真にイタリアン料理などの写真を配置したらプロフィール文章で「都内のイタリアンなどを巡ることが大好きでよく友達と仕事終わりにおしゃれなレストランを回ることが趣味です。」を入れましょう。

写真でイメージしてもらってプロフィール文に連動した内容があるとより相手の女性からは想像しやすくなります。

趣味も同じでサッカーをしている写真を配置するならその内容をプロフィール文章に盛り込みましょう。

間違ったプロフィール写真の配置例

  • 最初の一枚目に顔写真の写真がない
  • 写真が多すぎる(20枚ぐらい)
  • 写真が少なすぎる(1,2枚)
  • 自分の趣味の写真がない
  • 配置している写真とプロフィール文章の内容が違う
    (イタリアン料理が好きとプロフィールで書いておきながら、写真では魚介の丼の写真ばっかなど)

最後に

マッチングアプリの写真はプロフィール文章などに比べ最も目に入りやすいポイントです。

そのためいろいろな工夫をしないと次のプロフィール文章を読んでもらうなど相手の次の行動にうまく誘導することができません。

正しい写真の枚数、種類、組み合わせを考えた上であなただけのプロフィール写真を完成させてください。

写真の配置が完了したら次はプロフィール文章の作り込みしていきましょう。

プロフィール文章についてまとめた記事は次で紹介します。

27歳都内サラリーマン。24歳まで彼女なし=年齢に危機感を抱き、マッチングアプリにのめり込む。3年で300人の女性と出会い、現在はモデルの彼女と交際中。

Pairsアプリ
ハイパーマッチング

コメント